検索
  • 埋木舎

彦根城を見れば、江戸時代が分かる~彦根城を世界遺産に

滋賀県と彦根市が、彦根城の世界文化遺産登録に向けて頑張っているのをご存じですか?実は埋木舎はその構成遺産の重要な一部になっています。彦根城が正式候補となるためには、彦根城が人類全体にとって将来にわたって価値ある遺産であることを証明する必要があります。日本の城郭としては既に姫路城が世界遺産に登録されており、彦根城独自の価値を示さねばなりません。現在、それは天守閣だけではなく、御殿や大名庭園、それに家臣の屋敷などを含めた遺構全体が、江戸時代の地方の統治の仕組みを示している点にあると考えているのです。その中で、藩主井伊家の庶子である直弼が文武に励み武士としての在り方を示した埋木舎は、江戸時代の統治の在り方を示す重要な資産と言えるでしょう。そしてその直弼が藩主となり、諸外国との争いを避け開国へと導いたのです。埋木舎が世界遺産の一部となる日を楽しみに待ちたいと思います。

彦根城天守から琵琶湖を望む

38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示